会長方針

  • HOME »
  • 会長方針

『ロータリーは世界をつなぐ』

2019年~2020年度会長
今村 茂雄

 マーク・ダニエル・マローニー会長は、2019-2020年度は「ロータリーは世界をつなぐ」のテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょう。と述べておられます。

 そのRI会長のテーマを受け千葉憲哉ガバナーは「チャレンジしよう(変化、活性化、つながる、伝える)」を地区のテーマに掲げられました。

 当クラブは近年、会員数が急速に増加し本年度は71名(うち女性会員12名)からのスタートとなりますが、そのうち入会歴3年未満の会員が3割程度となっています。そのため前年度実施しましたRI2740地区アンケート調査により会員のロータリークラブに対する理解不足が浮き彫りとなりました。そこで今年度は、ロータリークラブに対する理解を深めるための工夫を図り特に入会歴が浅い会員の退会防止に力を注ぐと供に出席率の向上を図るため当クラブの例会が会員の皆様にとって居心地の良い楽しい例会になることを第一に考えクラブ運営を行いたいと思います。

 また、当クラブは昨年、RIが推奨するCLP(クラブリーダーシッププラン)に基づく新たな組織体制に変更し今年は2年目となります。これまでの5大奉仕の理念を持ちながら特に公共イメージに重点を置き昨年リニューアルした当クラブのホームページを継続維持し、新たな試みとして広報チラシの作成を予定しています。

 令和元年のスタートとなる本年は新しい試みにチャレンジしながら例年行っています長崎県スポーツレクリエーションフェスタも成功させて行きたいと思います。

 この1年間、週1回の1時間の例会が皆様にとって有意義な情報交換の場として利用できますよう積極的な気持ちで出席いただければ幸いです。

 皆様のご協力をよろしくお願い致します。

PAGETOP
Copyright © 長崎出島ロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.